スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.01.26 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ちょ。キン・スルヨン。

    0


      決して韓国人の名前ではありませんが





      ワタクシは
      今日ここに、貯金して夢のアンプヘッドを買うことを強く誓います








      前々から欲しかったのですが、最近その想いを一層強くさせられたので
      我慢できず




      今にいたります





      アンプヘッドというのはスーパー簡略化していうなら
      ギターの音色を変える道具です
      音色を変えるのであれば他にも沢山道具はありますが、今回はその説明は省きます



      とりあえず宣言したいんです








      僕の中では
      もはや『電波少年』の企画に匹敵する難易度の企画なので




      そしてその夢への貯金途中経過を皆様に随時報告しながら
      皆様と共に貯金生活を歩んでいく企画です





      あくまでそのアンプヘッドを買うためだけの貯金なので


      イコール僕の全財産ではないですよ




      ただ
      こう大々的に宣言し
      貯金せざるを得ない状況を作りだすのも一つの目的です





      ちなみに現在は
      『0円』ですよ












      そして
      注目の目標金額は

























      ズバリ
      『45万円也』














      まぁ期限は1年











      まあ1年でどれだけ貯められるかってくらいの感じで頑張ります。
      いやむしろ
      ローンしてまでも買いたい














      だったらこの企画いらねーだろって?















      えぇい
      うるさい(´Д`)










      とりあえずアンプ買うまで
      みんなで見守ってくれっていう企画です















      ええ
      都合悪くなったら、このふてくされた態度ですよ














      とにかく頑張るのぢゃ
      わしは(´Д`)












      ぢは





      くっ

      0
        くそうっ(´Д`)











        『勝手にオススメ盤』の更新が滞ってますな









        出来るだけたくさん皆様に届けていきたいのですが

        前回の神聖かまってちゃんからできておらず
        悔しいでありんす











        なにぶんワタクシお金が絶望的にないので
        新しい音楽に触れられず…










        え?









        そんなことより自分達を宣伝しろって?















        次のライブは9月6日です



















        どうですか










        これ以外に何を言えと?














        これ以上の引き出しはないですよ










        ぢは






        すぐっここっ!サンクス!

        0

          今日はまたもやディナーラッシュのライブへ行ってきました



          ギタリストの西田氏も一緒に




          それ以外にもこの日はすごいハイレベルなバンドが多く勉強になりました





          そこで気づいんですが



          僕らや、ディナーラッシュが
          やっている、またはやろうとしているジャンルは
          なかなか人口が少ないのでは?
          ということ


          まぁ だから何?って話ですが
          僕らがやっていくことには何ら変わりませんから







          そして首を長くして待っていた
          ディナーラッシュの新譜
          『POLICE ON TABLE』




          いや〜YouTubeのデモで何回も聞いて我慢してきたワタクシにとって
          しっかりとした音源はかなり嬉しいですね






          そしてふらっと
          歌詞カードに目をやると
          ワタクシの目に見慣れた文字列が映りました



























          ッッッッ!!(´Д`)












          これは















          およそほとんどのアーティストの歌詞カードの最後に
          必ずと言っていいくらいに載せてある
          『スペシャルサンクス』という項目







          皆さんはお気づき、もしくはご存知でしょうか








          そのアーティストがお世話になったり、影響受けたり、支えてくれた周りの人の名前などを
          感謝等の意味を込め載せている部分です









          まさかその中にワタクシたちの名前ぎゃッッッッ(´Д`)










          嬉しさヤヴァすです













          この場を借りてディナーラッシュさんに

          これからも末永くよろしくお願い致します














          もしこの音源が気になる方は





          YouTubeで『ディナーラッシュ』と









          それぢは






          フッカフカの負荷

          0
            どうも



            ここ最近の自分というもの



            僕自身なんらかの疑問、壁みたいなものにぶち当たっていたりしました






            仕事を辞めてから、仕事することで生まれるストレスや様々な刺激から無縁な生活になり

            そのいろいろな負荷から逃れるため、またはその負荷を音楽の原動力にしていました
            勿論好きな気持ちなども原動力でしたよ


            そんな負荷がなくなって
            少しだけエネルギーが足りない感じに





            音楽と向き合う時間が有り過ぎたからこそ、僕は背中を向けたりも





            そういう状況がプラスに働く人もいるのでしょうが、僕の場合はあまりプラスには働かなかったみたいでしたね





            でも音楽という道
            その事に対して
            或る意味余計な添加物なしで向き合えた気がします

            素直に裸のままって感じに







            もしかしたら、そんな僕自身のフラつきがメンバーに迷惑を掛けてしまっていたかもしれませんが







            PBAに於いて僕自身の立ち位置は
            フロントマン、作詞作曲、
            それ以外にも活動の方向性のプロデュースなど
            重要性の高い位置です




            僕自身その立場自体を重く感じたことはないですが

            重んじてはいます
            大切な位置だと




            少し話が逸れましたが
            改めて僕は僕を見直しました
            というこです








            そして

            テレビ番組やライブハウスなどを通して新鮮な気持ちで音楽に触れると

            やはりあの舞台に立ちたい
            音楽をやっていきたいと


            強く
            けれどあっさりと
            その気持ちを再燃させられます








            僕には音楽しかないと思います


            大袈裟かもしれないけど
            重く感じるかもしれないけど


            僕自身そんな重く感じてないですよ





            何故か
            絶対上手くいくっていう
            変な暖かい自信がありますからね








            今日は夏の終わりが少し感じるような
            そんな日でしたね
            涼しい風が時折


            温度差で体調を崩さないように
            気をつけてください





            それぢは



            ガガガガ

            0
              レディではありませんが










              そうです



              ワタクシ緊張しています







              これから市内の方へバイトの面接的なものへ出発してきます









              こういうのダメなんで










              緊張して日本語話せなくなる(゜゜)












              頑張ります






              ついに長かった大人の夏休みが終わろうとしています









              さようなら







              ビックマウスのメランコリック 最終回

              0
                ※まだその1を読んでいなかったら
                その1から読んでみてください











                ワタクシという人間はかなりの自意識過剰かつ自画自賛かつナルシストです



                自分で作った曲に関しては









                自分で作って自信のない人なんてまぁいないですが



                自分達は絶対有名になるに決まっていると
                そう思っていますし
                そうなりますが






                そしてメンバーの中でも大口叩きとしても有名です


                ワタクシから言わせれば
                逆になんでそんなに自信ないのかと(´Д`)え?コラ(´Д`)



                ワタクシの
                アウトサイド精神を形成する成分のうち
                自尊50%、自分はニュータイプだと思っている50%
                です

                かなり分厚くて強固なシールド精神です




                ただ今回はあろうことかこのシールドが内側から崩されたのですね

                インサイド精神です
                これはまだまだワタクシ自身未知なるダークマターが多くて


                ただおそらくいろんなコンプレックスや先のネガティブモードのコアもここに集約されていると思われます







                これ以上はワタクシを露わにするとヤヴァイので自粛します








                でも今回は今回で気づけた部分もあると思うので
                よしとしちゃいます




                自分の中で『何か』を殻を少し破ることができたらと
                早くその感覚を掴みたいと
                内なるカリスマ性を信じて(´Д`)ノ






                頑張ります






                今回はなかなか赤裸々に心中を明かしてみました











                以上




                長文お疲れ様でした




                ビックマウスのメランコリック その2

                0
                  リズミックトイワールドは東京から来た
                  ツアーバンドさん


                  ライブハウスの店長、中西さん

                  その人が僕らとの差を見せつけるために、対バンさせました


                  こう書くと中西さんが嫌な人と思われかねないですが
                  違いますので



                  今、僕らは打ちのめされる時期というか
                  きちんと自分達の立ち位置を把握することが大事でして
                  そのために組んでくれています
                  そして奴らから勉強しろと


                  打ちのめされると同時に学ぶ



                  リハーサルを見て
                  リズミックの凄さは一目瞭然
                  グルーヴ、演奏、歌唱力、全て段違いです




                  すごい


                  そして話は我々のパフォーマンス直後へと戻ります





                  言うまでもなく、フラれたワタクシは傷心モード


                  控え室にいるメンバーやバンドの皆さんはリズミックを見に行きました

                  ライブ直後だったので少し休憩してからワタクシも行こうと






                  結局、彼らを最後まで見ませんでした



                  あの時のワタクシは
                  「あんな自分達のパフォーマンスの後にリズミックなんて」と思っていました

                  完全ネガティブモードのワタクシの心は
                  さっき終わったばかりの自分達のパフォーマンスの記憶でさえも
                  ダメなパフォーマンスをしたという感覚に陥らせていたのですね


                  現実的には悪くなかったのに
                  悪いと思い込まされていたのです
                  自分自身によって




                  そんな状態ですから
                  当然リズミックのステージは見に行けませんでした

                  いや本当なら、それでも見に行き、打ちのめされ
                  そこで勉強しなくてはならなかったのです

                  そのために中西さんも組んでくださった

                  そして見に行かないことで後にメンバーから
                  それでも見に行かないといけない
                  と言われることも承知の上で
                  言われることに関しての対処も、既にその段階で処理して

                  全て分かっていた上で
                  ワタクシは見に行きませんでした
                  行けませんでした


                  ステージに勝ち負けはないです
                  しかし既に完全敗北していました
                  さらにそこから彼らを生で見るなんてことはできません

                  見に来てくれた人たちの前に出たくなかった




                  悔しくて悔しくて悔しくて
                  本当に悔しくて
                  今にも溶けていきそうだった



                  トドメだけは刺されまいと
                  最後の足掻きが
                  閉じこもることでした


                  今『自分』という存在をギリギリで保ってくれている自尊心だけは守りたかったのです









                  その3までいきますので

                  まさか自分でも行くとは思わなんだ



                  ビックマウスのメランコリック その1

                  0
                    はいどうも

                    ライブも無事に終わりました
                    来てくださった方々、ありがとうございました


                    今回は久々にバンドさんが多かった気がします


                    我々はというと僅かばかり、だけど確実に以前より成長した姿を披露できたと思います



                    でもワタクシは終わった後、独りで控え室に閉じこもっていました





                    今日はそんな自分の話を




                    バンドとしてはなかなか良いパフォーマンスで終われたステージでした
                    個人的にも致命的なミスはせず、歌も歌いきり。


                    ただ自分の中でものすごく、超えられない『何か』、満足できない『何か』がありました


                    それはここ最近ずっと僕が向き合い続けてきたもので
                    でも一体それが何なのか
                    皆目見当もつきません

                    果てのない真っ暗闇と対峙してあぐらをかいて座って
                    しかめっ面で
                    そんな感じ





                    バンドのフロントマンとしての在り方を考えてきた訳ではないけど、尊敬するバンドの同じ位置で光を放つたくさんの彼らのように
                    ワタクシも光を放つというような感覚を掴みたいと
                    経験によって育まれるものだけど

                    どうせなら、その得られる経験値を質の高いものにしたい
                    だから少し自分の中でその感覚に近しい手応えを早めに掴んでおきたいのだ





                    でもわからない
                    完全最強暗中模索


                    ただ今挙げたことが『何か』ではない
                    『何か』の要素の一つ


                    その『何か』にはバンドとしての何かもある


                    これに関しては上手く言いたい事をつまみ出して言えないけれど





                    だから今回のライブは出来が気に入らなかったのではなく、自分の中にある『何か』に打ちのめされた感じ
                    あ〜またフラれたって
                    告白失敗みたいな





                    そしてワタクシは閉じこもりました


                    僕らの後に控えた
                    リズミックトイワールドというバンドのステージ








                    そしてまだ話はその2に続きます



                    やつぱりつっぱり

                    0
                      はいどうも





                      ん〜やっぱりあれですね




                      この時期になると終戦や原爆のことが取り上げられて
                      センチメンタルな空気が周りを漂います




                      実にナイーブでシビアな問題なだけに
                      いろいろ思うことがあっても発言しにくいけど





                      中学生とかそこらへん(おそらくですが)からずっと思ってきたことを
                      少し話してみようかしら

                      所詮、視野の狭い話ですが






                      この時期とかになると毎年恒例のように
                      沖縄や広島を舞台とした戦争再現ドラマが放映されます






                      たぶん当たり前のことなんだろうけど、決まって日本側視点で描かれて
                      日本側に感情移入しやすく作られていて


                      結果的に原爆や戦争という殺戮は良くないねって
                      悲しい歴史だった
                      繰り返してはいけないと


                      そういう想いを植え付けたり
                      再確認させてくれます
                      それは大事なのですが




                      どうもワタクシは釈然としません




                      確かに原爆を落とされ、世界で唯一の国として
                      後世に語り継いでいかなければならなりません



                      でも一方的な被害者としての視点から伝えられがちなのが、どうにも





                      こうやって言うと
                      何も知らない奴がとか言われそうですが





                      戦争に加害者、被害者もないっていうことを曇らせ、
                      わかりにくくする方向に寄ってしまいがちになることが
                      嫌です






                      歴史は詳しくないですし、ちゃんと調べもしないでこんなことを言うのもどうかと思いますが






                      やはりどこの国でも被害にあったことは事細かに語り継いで
                      加害者的事象はあまり掘り下げない








                      毎年、真珠湾の奇襲を取り上げるでしょうか、
                      朝鮮人の虐殺のことを事細かにドラマにするでしょうか








                      日本だけではなく世界的にそうなのでしょう
                      そして被害を受けた側の視点の方が
                      人々の心に伝わりやすいのでしょう






                      それでも何か釈然としない




                      それだけのことが言いたかったのです





                      こんな長々とかなり
                      それこそセンチメンタルかつ一方的な駄文を綴ってまいりました




                      読んでいただきありがとうございます







                      一つ誤解して欲しくないのは
                      決して広島や長崎や沖縄、それ以外の日本の戦争の歴史を
                      僕は軽く見ていたり、大袈裟な!とか思っていません

                      追悼の気持ちも持ちあわせていることを



                      もし不快な思いをされていたら、お詫びします



                      それでは



                      亜ッッッッッッッッ!

                      0
                        今日京都LOFTにて
                        ワタクシの尊敬&愛して止まないイラストレーター中村佑介氏の
                        サイン会の整理券を配るという情報を得ていたにも関わらず









                        忘れていた……














                        死ぬほどショック









































                        くぅうぉぉぉぉぉぉゎぉぉぉぉぉぉぉッッッッ(ノ´Д`)ノ====3

















                        とりあえず今の叫びに悔しさと死にたさを込めたので





                        立ち上がります














                        今日は良く星が見えます




                        一番明るいあの星の名前をワタクシは知りません







                        でもやっぱり宇宙は良いです







                        今度宇宙に対する想いを
                        此処で語ろうかな













                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                          12345
                        6789101112
                        13141516171819
                        20212223242526
                        2728293031  
                        << August 2017 >>

                        『勝手にオススメ盤』

                        神聖かまってちゃん
                        『友達を殺してまで』

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        links

                        profile

                        書いた記事数:109 最後に更新した日:2012/01/26

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM